イデアデイ idea-day

30歳男の理想像を追求するブログ。日々のファッション考察、コーディネート、アイテム紹介、トレーニングなど。「イデア」は哲学用語ですが、一般的には「理想」とか「実像」とか言ったりします。目に見えているものはイデアの影であり、その背後にある本質的な部分やものごとの原型部分をイデアといいます。 男性としてのイデアを追い求め、日々の考察、気づきなどを書いていければと思います。

今日のスタイル

f:id:ideaday:20171110011302j:image

アウター: カラーレスジャケット(MARKAWARE)

トップス: カシミヤセーター(ユニクロ)

パンツ: カシミヤ混ニットフラノサルエルパンツ(KAZUYUKI KUMAGAI)

スニーカー: YEEZY BOOST 750 (adidas by kanye west)

 

本日はYEEZY BOOST 750を中心にあえてフォーマル感のある服装に合わせること考えてコーディネートを組みました。

ちなみに僕はYEEZYに代表される昨今流行りのラグジュアリーストリート系のファッションはあまり好みではありません。EXILE等のようなゴリゴリした恣意的なストリートファッションは、似合わないと思ってますし、自分が志向するナチュラル、ミニマム、機能性ファッションとは相反する方向性です。

 

f:id:ideaday:20171110012437j:image

f:id:ideaday:20171110012913j:image

しかし、アイテム単体としてYEEZY BOOST 750には惹かれるものがありました。今まで見たことのないフォルムの独創性とソールのジャバラのようなデザインと色味がネイチャーな雰囲気を持っており、デザインで個性が強調されつつもシックで洗練されているので、うまく取り入れられれば自分のスタイルにも合わせられると思って購入しました。

カジュアル感ストリート感が強いシューズなので、コーディネートアプリ「WEAR」などを見ていてもYEEZYをストリート以外に合わせているコーディネートは見たことがなく、取り入れるのは難しいとは思っていましたが、色味を少なくしたり、パンツの素材感を合わせたりすれば馴染むかと思います。

また個人的に思う重要ポイントとして、パンツの裾は靴に被せることが大切だと思います。YEEZYはできればコーデの中心として主張したいプレミアシューズなので、全体を見せて主張したいところですが、そうするとコーディネートのボランスは崩れやすいので、あえて裾で覆って隠す方がYEEZYの大きすぎる存在感を緩和でき服装と自然と馴染みます。

トップスはノーカラーにすることでジャケットにもカジュアル感を出し、パンツは素材はフランネルでカジュアルですが色味を黒にしてトップスとのセットアップ感を出してます。YEEZYのカジュアル感を残しつつバランスを崩さないように考えました。

 f:id:ideaday:20171110014607j:image

YEEZYをジャケットセットアップ風に合わせるのも案外ありだと思います。

 

あまり馴染みのないラグジュアリーストリートブランドですが、良いものは取り入れつつ今後もコーディネートしていきたいと思います。