イデアデイ idea-day

30歳男の理想像を追求するブログ。日々のファッション考察、コーディネート、アイテム紹介、トレーニングなど。「イデア」は哲学用語ですが、一般的には「理想」とか「実像」とか言ったりします。目に見えているものはイデアの影であり、その背後にある本質的な部分やものごとの原型部分をイデアといいます。 男性としてのイデアを追い求め、日々の考察、気づきなどを書いていければと思います。

今日のスタイル

f:id:ideaday:20171113231204p:image

トップス: ハイゲージニットセーター(ATTACHMENT)

パンツ: モヘア混ウールイージースラックス(Acne Studios)

靴: 8ホールブーツ(GUIDI)

 

本日は、GUIDIをベースにシンプルなコーディネートです。このGUIDIはちょうど一年前に購入しました。このランダムな光沢感が好きですね。カブトムシの甲羅みたいだなぁといつも思ってます。ナチュラルな人為的でない感じの雰囲気です。

 

f:id:ideaday:20171113232349p:image

Acneのスラックスはオリーブの色味も気に入りましたが、綺麗なテーパードがかかっていて、いい具合にO脚を混和してくれるのがありがたいです。

生地はモヘアの温かみがありつつ光沢感がしっかりあるので品があります。

 

シンプルだけど、一点一点のアイテムが存在感を放っている、そんなスタイルが好きです。

 

今日のスタイル

f:id:ideaday:20171110011302j:image

アウター: カラーレスジャケット(MARKAWARE)

トップス: カシミヤセーター(ユニクロ)

パンツ: カシミヤ混ニットフラノサルエルパンツ(KAZUYUKI KUMAGAI)

スニーカー: YEEZY BOOST 750 (adidas by kanye west)

 

本日はYEEZY BOOST 750を中心にあえてフォーマル感のある服装に合わせること考えてコーディネートを組みました。

ちなみに僕はYEEZYに代表される昨今流行りのラグジュアリーストリート系のファッションはあまり好みではありません。EXILE等のようなゴリゴリした恣意的なストリートファッションは、似合わないと思ってますし、自分が志向するナチュラル、ミニマム、機能性ファッションとは相反する方向性です。

 

f:id:ideaday:20171110012437j:image

f:id:ideaday:20171110012913j:image

しかし、アイテム単体としてYEEZY BOOST 750には惹かれるものがありました。今まで見たことのないフォルムの独創性とソールのジャバラのようなデザインと色味がネイチャーな雰囲気を持っており、デザインで個性が強調されつつもシックで洗練されているので、うまく取り入れられれば自分のスタイルにも合わせられると思って購入しました。

カジュアル感ストリート感が強いシューズなので、コーディネートアプリ「WEAR」などを見ていてもYEEZYをストリート以外に合わせているコーディネートは見たことがなく、取り入れるのは難しいとは思っていましたが、色味を少なくしたり、パンツの素材感を合わせたりすれば馴染むかと思います。

また個人的に思う重要ポイントとして、パンツの裾は靴に被せることが大切だと思います。YEEZYはできればコーデの中心として主張したいプレミアシューズなので、全体を見せて主張したいところですが、そうするとコーディネートのボランスは崩れやすいので、あえて裾で覆って隠す方がYEEZYの大きすぎる存在感を緩和でき服装と自然と馴染みます。

トップスはノーカラーにすることでジャケットにもカジュアル感を出し、パンツは素材はフランネルでカジュアルですが色味を黒にしてトップスとのセットアップ感を出してます。YEEZYのカジュアル感を残しつつバランスを崩さないように考えました。

 f:id:ideaday:20171110014607j:image

YEEZYをジャケットセットアップ風に合わせるのも案外ありだと思います。

 

あまり馴染みのないラグジュアリーストリートブランドですが、良いものは取り入れつつ今後もコーディネートしていきたいと思います。

最高峰の服でセンスを磨く

服好きが進むと、どうしても一番作りの良い服やブランドを着てみたいと思うようになります。それは自分の好みに合うかどうか抜きに最も評価される服がどんな作りなのかどんなデザインなのか、見て触れてみたいと思うわけです。

そうして、店舗やネットを見て色々と探していくわけですが、ここ一年くらいで都内のセレクトシャップや路面店はほとんど全て見て回りました。

その中で、おそらく本当の服好きなら知っている最高峰のお店があります。

それは、代官山に2店舗を構える「リフト」というセレクトショップです。ちょうど昨日も行ってきました。

f:id:ideaday:20171108224013j:image

「リフト エタージュ」

 

f:id:ideaday:20171108224200j:image

「リフト エクリュ」

 

以前、僕は代官山で仕事をしていた時期があるのですが、その時には知らず通り過ぎるくらいで、何かお洒落なファッション系の事務所かなと思っていて、お店ということもわかっていませんでした。

それくらい入るには敷居が高い感じの雰囲気です。明らかに一見さんはお断りの雰囲気がありますが、入ってみるとそこそこの広さがあり、店員さんとも程よい距離感もあり、割とゆっくり見れる雰囲気です。ただ、気が抜けたカジュアルな服装で行くと場違い感があり居づらくはなります。

僕はGUIDIの靴に興味を持ったのがきっかけでこのお店を知るようになりました。

 

 f:id:ideaday:20171108224633j:image

 f:id:ideaday:20171108224657j:image

店内は服屋というよりも美術館のような感じで、服や靴が天井からぶら下げられていたり、オブジェが並べられていたり、普通のセレクトショップとは一線を画する雰囲気です。特に驚いたのが服の中に紙を詰めて型崩れしないように配慮していて、触れるのにも躊躇するほどの展示をしていました。商品というよりも美術品に触れるような感覚です。

扱っている服は系統で言えばアルチザン系と呼ばれる服がメインで、職人が一点一点を手作業で作っていたり、細かい仕立てやディテールを施し、加工も本当に手が込んだものが多いです。ただ、一般的にも知られているマルジェラやステファンシュナイダー、日本ブランドのレインメーカー等も取り扱っていて、セレクトの幅も点数も多いです。

アルチザン系はモテ服とか流行りとは全く真逆の服で、明らかに普段使いはできないようなアイテムも多いですが、僕のファッションの好みに合うナチュラルな素材感とベーシックなデザインを美しく仕上げたものも多く見応えがあります。GUIDIも取り扱いがありますが、最近は少なくなったと店員さんが言ってました。

 

ここでの取り扱いブランドの中で、服好きの中で最も高い評価を得ており、世界中でファンも多い「キャロルクリスチャンポエル」というブランドがあります。

 f:id:ideaday:20171109001220j:image

f:id:ideaday:20171109001246j:image

特にここのレザージャケットは評価が高く、確かに相当な存在感があります。こんなの着てたらほとんどの人(日本人)は服の雰囲気に負けてしまうと思います。シルエットも肩幅と身幅がすごく狭く、逆に袖丈はあり得ないくらい長いので、日本人のみならず、大半の人は体型的に無理だと思うような作りです。すごく興味はありますが、今までも中々試着させてくださいとは言えず、、まだ着たことはありません。しかし、どんなものか一度は着てみたい。

 

元俳優の水嶋ヒロさんはこのお店によく通ってるみたいで、キャロルクリスチャンポエルのレザージャケットも着ていました。めちゃくちゃ似合ってます。

f:id:ideaday:20171108231512j:image

f:id:ideaday:20171108231518j:image

ブログを読んでますが、この方は服に対して昔からかなりの拘りがあり、服に対する愛情も突き抜けてます。

服への投資を自分の感性を磨くためのインプットと捉えていて、それを自分のクリエイションに生かす。この方の服への考えは共感するところがすごく多いです。

 そんなファッショニスタからも愛されるキャロルクリスチャンポエルの服ですが、実は1着持っています。

 

 f:id:ideaday:20171109000302j:image

f:id:ideaday:20171109001804j:image

タートルネックの中肉厚のカットソーです。

これはフリマアプリで、ほぼ新品を5,000円で購入しました。定価は90,000円だそうです。一般人の僕からしたらあり得ない値段です。この服はキャロルクリスチャンポエルがどんなブランドかを知るために購入しました。

生地はかなり細番手のコットンで織られているようで、滑らかで着心地はいいです。ただ、質に関してはドメブラのカズユキクマガイのカットソーと同等かちょっと良いかなというくらいです。シルエットはキャロルにしては袖丈も長くなく、僕の体型でジャストです。やはりシルエットは細身でエレガンスを感じますが、何か特別かというとそういうわけでもなく。やはり、カットソー1枚ではキャロルクリスチャンポエルの凄さはあまり分かりませんね。

 キャロルクリスチャンポエルに代表されるアルチザン系の服は、一見ボロ布にしか見えないような服も多く、なんでこんなものが何十万もするのか、なぜこれほどまでに服好きから愛されるのか理解不能な部分も多いです。だからこそ自分の目で見て、着て、購入して、良いのかそうでもないのか確かめていきたいです。

 

代官山リフトはファッションの芸術的感性を磨く上ですごく刺激になるところです。これからも最高の服を見て、着て、できれば購入して、最高峰の服に触れることで自分の感性を高め、よりファッションに対する洞察力を付けていきたいと思うようになりました。

普段着ないスーツの話

仕事柄スーツを着る機会は全くと言っていいほどありません。

最後に着たのは一年前の葬式の時で、ユニクロでとりあえずスーツを買いに行きました。ユニクロといってもスーツは結構高くて、セットアップで2万円弱しました。しかし、何とありがたいことにユニクロでは返品制度があり(購入後3ヶ月以内なら無条件で返品できる)、それを利用し葬式後に返品しました。普段着ないスーツをクローゼットにずっとしまっておいても、次着るときには、体に合わなかったり、劣化していたりすると勿体無いと思ってしまいますね。

 

こんな風に普段スーツを着ないし、スーツは日本人にそもそも合わないと思っている僕ですが、スーツをよく知らないと良さも悪さも分からないし、スーツを知ることはファッションの基礎を知ることにもなると思い色々と勉強しています。そこで、良い教材としてYouTubeで干場さんがやっているファッションカレッジというチャンネルを毎回欠かさず見ています。スーツを中心とした大人かっこいいフォーマルスタイルを色々な観点から学んでいく番組です。

全話見ているのでスーツやフォーマルファッションについての知識はかなりついてきました。基本的に高価格帯のブランドが紹介されているので、生地の良さやシルエットのポイントなど最高峰のスーツを学べるのが良いですね。巷の安いスーツをいくら着たところであまりセンスは上がらないと思いますし。この番組で紹介されるのは、いわゆるイタリアのナポリブランドのスーツですね。ナポリのスーツの特徴は、非常に仕立てが柔らかく、肩にもパットが入っていないナチュラルショルダーが多く、リラックスして着れるスーツです。スーツのルーツはイギリスですが、それをイタリア人がイタリアらしくリゾート地でも着れるようなもっとリラックスしたものに変えていったそうです。

もし、将来的にスーツを買おうという機会があればこの本場のナポリスーツは試着してみたいですね。今はもしスーツを買うならyohji yamamotoと思ってますが。

 

 

 

 

趣味としてのおしゃれを突き詰めるほどダサくなる

僕自身おしゃれの割合は、趣味としての楽しみ半分、自己実現のため半分、といった感じです。

趣味としては、単純に服が好きで、素材やシルエット、細かなディテールが美しい製品に惹かれます。単なる実用品としてだけの服ではなく、芸術的な目線で服を見て、それが欲しくなります。

もう一方、自己実現のためのおしゃれは、自分がかっこよくなりたいから。その先に、人から認められたい、かっこいい大人と思われたいという欲求があります。

なので服を買うときに、芸術品として美しくて欲しいと思う服があっても、一方で自分に似合うか、かっこよく見えるかということのバランスを考えて服を買います。

趣味一辺倒であれば、他者の 目線はほとんど気にならないので、自分の好きな服を買えます。そのような自分を貫く人もセンスが抜群であれば、かっこよくもなりますが、他者の目を気にせずに自分を貫いてかっこよく見せるのは中々難しいと思いますし、あまり見かけたことがありません。

服を趣味で拘り過ぎると大抵はダサくなってしまうような気がします。

 

僕は良い服を見るために伊勢丹メンズ館によく行きます。(買うことはほとんどありませんが)

最近は見慣れてしまい違和感がなくなってしまいましたが、初めて行った時は、お客さんや店員のファッションに悪い意味の衝撃を受けました。

多くの人が、合いもしないイタリアオヤジファッションをしていたり、かなり奇抜な黒づくめの魔法使い系ファッションをしていたり、ギラギラしたスタッズをつけた靴を履いていたり、スタイルが良くもなく純日本人的な顔の人がサンローランできめていたり、とにかく滑稽だなという印象でした。しかもお客さんには顔や体型が微妙な人が多く(髪が整ってなかったり、姿勢が悪い)、服よりも先ずはそこをしっかり整えた方がいいのではと思いました。伊勢丹メンズ館にいる人ほどダサい。これは伊勢丹メンズ館に行ったことのある人は多少分かると思います。

恐らくここに集まる人は、本当に趣味で服が好きな人か、センスのない成金か(最近中国人が多いこともダサくなっている要因だと思う)のどちらかだと思います。

服好きが度を過ぎると、自分自身が見えなくなり、その人相応のファッションを見失って感覚が麻痺してしまうと思います。背丈があまりない僕にはサンローランのセットアップは似合わないですし、キャラクター的にスタッズギラギラの靴も似合いません。服は大好きですが、まだ僕は自分自身は見失ってしまうほどではないと思っています。しかし、そういう僕も伊勢丹メンズ館にいるような粋がった人たちに徐々に染まっているのかもしれません。最近伊勢丹の人たちを見ても何とも思わなくなりましたし。。

服は自分に似合うことが最も重要だということを肝に銘じながらこれからもファッションを突き詰めていきたいです。

 

ただ、これらのことは女性にはあまり当てはまらないように思います。男性とは逆に女性はファッションを突き詰めるほど綺麗に又はかっこよくなっていくように思います。これは女性はファッションに目覚める時期が早い(幼少の頃から女性は身なりに気を使い始める)ためファッションセンスの土台がしっかりしてるからだと思っています。そのベースがあるので拘れば良い方向でファッションが磨かれていく。男は早くても高校生くらいからでその差は大きく、基礎がしっかりしていないのに拘りだすからダサくなっていく。

また、以前のブログにも書きましたが、女性の方が身体的に服が似合いやすいし、ファッショナブルに見えることも一理あると思います。

 

今は趣味としてのファッションを楽しみつつも、自分を客観視しながらセンスを磨き、いずれは趣味だけで自己満足で好きなようにファッションを楽しみながらも他人から見てもカッコいいと思われるような大人になりたいです。

 

日本人に合うファッションを考える

服を買う時にも、コーディネートする時にもいつも考えていることが、日本人に合うファッションは何かということです。

日本人にも千差万別色んな顔の人、体型の人がいて、人それぞれだと結論付ける人もいます。しかし、どんな顔、体型の人であれ純日本人であれば、顔つき、肌色、体型は同系統であり、根本的には同じだと思います。ですので、日本人として合う基本的な色やデザインはあり、そこからその人の個性にあったアレンジをしていくのが一番おしゃれになる近道だと思っています。

日本人が近代以前に着ていたものは和服、いわゆる着物で、基本的に平面的に作られており、そのため綺麗に畳んでタンスにしまうことができます。平面なので基本的にカッティングラインも直線的です。日本人は顔や体が立体的ではなく(凹凸が少ない)、メリハリがありません。そのため、平面的な服は体に合っていますし、直線的なカッティングラインも日本人の雰囲気や、切れ長の目、真っ直ぐな黒髪によく合います。

それに対して欧米人は、鼻が高くて、目の彫りが深く、体は胸板があり手足が長く、顔や体にはっきりとしたメリハリ(凹凸)を持っています。服はスーツなど立体的に曲線を多く取り入れて作られています。

立体的に作られたスーツは欧米人のメリハリのある体のラインを綺麗に見せますし、はっきりとした顔立ちには強めのハードな服(レザージャケットなど)も馴染みます。

日本人がスーツの着こなしをどんなに頑張っても、欧米人のカッコいい人のスーツ姿には勝てない気がします。よくスーツは誰にでも合うし、カッコ良く見せると言いますが、日本人はそういう訳でもないと思っています。また、ジーパンも基本的に足のラインをもろに出すので欧米人には敵いません。

欧米人と同じ土俵で勝負しても勝てませんし、欧米人には欧米人の良さがあります。欧米人は顔も体も大味なので、はっきりした色や大雑把な分かりやすいディテールが基本的に相性がいいです。逆に日本人は繊細、曖昧なカラー、細やかなディテールのアイテムが相性いいです。

これらのことは、すでにあたりまえのこととしてよく言われていることですが、

じゃあ日本人は和服を着るべきなのかというと、それはまた現代においては違うと思っています。

現代においては、「和」のニュアンスを残しながらも現代人に合った着こなしが、日本人として一番おしゃれになれる方向性だと思っています。

欧米の洋服は動きやすいですし、現代の日本においては普及してしまっているので、欧米の服はベースにしつつも日本的な和の雰囲気を取り入れているアイテムを選ぶことが肝心だと思います。

 

具体的には、例えば下のコーディネート

f:id:ideaday:20171023175420j:image

これは、ドメスティックブランドの「MARKAWARE」のスタイリングですが、上手くセットアップスタイル(スーツスタイル)に和のテイストを入れていると思います。

まず、ノーカラーであることが着物の首元を連想させますし、ジャケットのシルエットもアームホールが太めになっており着物のような袖付を感じます。そして、パンツはワイドテーパードになっており、緩さを出すことで日本人の弱点の足の短さやO脚などのシルエットが緩和されます。

 

f:id:ideaday:20171023180325j:image

これはフランスブランド「LEMAIRE」のスタイリングですが、直線的なシルエットや緩さ加減が日本人にも馴染みそうです。

 

 f:id:ideaday:20171023180727j:image

現在流行りのオープンカラーシャツも首元のVネックや直線的に落ちる身幅など、和のテイストが感じられるので日本人によく馴染むと思います。

 

「和服」を現代にアレンジしたブランドで京都にSOU・SOUというブランドがありますが、これは行き過ぎた感じで微妙だなと思っています。

f:id:ideaday:20171023225910j:image

 f:id:ideaday:20171023230008j:image

f:id:ideaday:20171023230016j:image

確かに和の雰囲気ですが、やり過ぎている。

人気ブランドではありますが、ちょっとコスプレ感が強く、日常着というところからは外れてしまっていると思います。

日本ブランドで「和」を絶妙に取り入れつつ、洗練されていてカッコいいブランドを探しているのですが中々見つかりませんね。

アイテムによっては、MARKAWAREやKAZUYUKI KUMAGAI なんかは上手く取り入れているものがありますね。

 

「直線的なライン」、「平面的」、「程よく緩いシルエット」が日本人の体に合った服だと思います。

コーディネートにはどこかしらこれらのポイントを取り入れることを意識しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のスタイル

f:id:ideaday:20171021173807p:image

 

トップス:カシミヤローゲージニット(KAZUYUKI KUMAGAI)

パンツ:Indisce Pant(ARC’TERYX VEILANCE )

スニーカー:ジャーマントレーナー(Margiela)

 

トップスはカシミヤ100%のローゲージニットです。シームラインが外に出ているデザインで、色もカーキグレーで少し退廃的な雰囲気が良いです。またサイドスリッドが入っているので腰に溜まらずにストンと落ちてくれます。メンズのセーターではスリッド入りのものは意外と少ないです。ローゲージニットは少し緩く着る方がカッコいいので、スリッドはあった方が好きですね。カズユキ クマガイでは定番のデザインです。

パンツは機能性抜群のVEIRANCEのパンツです。カッティングラインが抜群にカッコいいです。

立体裁断されているので足にフィットします。僕はO脚なので外側が少しつっぱられる感じはしますが。

f:id:ideaday:20171021174446j:image

f:id:ideaday:20171021174458j:image

すごく伸びるので着心地もよく、ランニングなどでも履いています。

 

スニーカーはオリーブカラーでトップスと彩度を合わせ秋らしさを取り入れました。