イデアデイ idea-day

30歳男の理想像を追求するブログ。日々のファッション考察、コーディネート、アイテム紹介、トレーニングなど。「イデア」は哲学用語ですが、一般的には「理想」とか「実像」とか言ったりします。目に見えているものはイデアの影であり、その背後にある本質的な部分やものごとの原型部分をイデアといいます。 男性としてのイデアを追い求め、日々の考察、気づきなどを書いていければと思います。

最近のスタイルまとめ

f:id:ideaday:20180426003442j:image

トップス :ウールスウェット(COLINA)

インナー :テレコラウンドタンクトップ(KAZUYUKI KUMAGAI)

パンツ :ウールギャバン(ヨウジヤマモト)

靴 :ゴートレザー短靴(GUIDI)

 

全身の彩度を低めのトーンで合わせました。カズユキクマガイのラウンドタンクトップはテレコ素材で伸縮性があり、裾から見えた時に少し波打つ感じが気に入っています。

 

 

f:id:ideaday:20180426003448j:image

アウター :Doeln coat(arcterix veilance)

トップス :シワ加工シャツ(KAZUYUKI KUMAGAI )

インナー :麻Tシャツ(COLINA)
パンツ :エラスティックパンツ(LEMAIRE)
靴 :ヒューチャー(margiela )

 

全体的に暗いトーンですが、COLINAのTシャツで明るさを持ってきています。麻100の素材ですが、麻とは思えない滑らかさで、色味もゴールドっぽい感じでツヤもあります。麻でこのツヤ感は見たことがなかったので驚きです。さらに重さもあるので綺麗に落ちてドレープが出てくれます。

 

f:id:ideaday:20180426003456j:image

トップス :リネンウールセーター(margiela )
インナー :プリモアフライス(ATTACHMENT )
パンツ :ウールギャバン(ヨウジヤマモト)
靴 :スリッポン(コルプスクムレヴェルソ)

 

f:id:ideaday:20180426004838j:image

最近中古で購入した7C.C.R(コルプスクムレヴェルソ)というブランドのスリッポンです。この着物の前身頃を思わせるデザインに惹かれて購入しました。イタリア製でGUIDIのバケッタレザーが使われています。トゥが反り上がっているフォルムはイタリアらしく、しかし日本っぽさも感じる絶妙なデザインのバランスです。和服と合わせても合ってしまいそうな雰囲気を持ってます。

中はゴムバンドがあり、甲を固定してくれるので、思ったよりフィット感があります。

これからの季節に頻繁に履くと思います。

 

f:id:ideaday:20180426003459j:image

トップス :Tシャツ(margiela)

パンツ :TOWN(Acne Studios)
靴 :ゴートレザー短靴(GUIDI)

 

シンプルなスタイルです。でも色味は拘って合わせました。やはりネイビー系とダスティーピンクは合いますね。

 

最近はもう夏になってしまったかのような陽気が続きますが、着てない春服もたくさんあるので、またコーディネート載せていきたいと思います。

 

今日のスタイル

f:id:ideaday:20180408001623j:image

f:id:ideaday:20180408001627j:image

アウター :アビエイタージャケット(m.a +)

トップス :エクストラファインメリノウォッシャブルウールスウェット(COLINA)

パンツ :ペグトップ(markaware)

シューズ :ジャーマントレーナー(margiela)

カバン :isar(cote &ciel×Y’s)

 

本日は新たに購入したものが多いです。

その中でも何と言ってもm.a +のアビエイタージャケットです。最近ネットで見て非常にかっこいいと思いながら、ついに買いました。

定番はブラックのレザーで袖もかなり長いものが多いのですが、こちらは色がブラウン(表記上はグレー)で、袖も長すぎないタイプです。

ですので、普段使いにも非常に合わせやすい。

硬い革かと思っていましたが、そんなことはなく、少し着用しただけでもかなり革が柔らかくなり体に馴染んできています。裏地がないので袖が通しづらいのですが、その分体に馴染む感覚はありますね。シルエットはウエストはかなり絞っていますが、肩幅と腕周りは割と余裕があります。着心地には期待していなかったのですが、思っていた以上の着心地の良さで驚いています。

後日こちらはもっと詳しくレビューしたいと思います!

 

トップスも新購入で、知る人ぞ知るというブランドCOLINAのスウェットです。

COLINAというブランドは、自由が丘にあるカルフールというセレクトショップにて知りました。そこに置いてあった超高番手で織られたジャージー素材のシャツを見て衝撃を受けました。

f:id:ideaday:20180408003405j:image

素材の良さが際立っています。襟の形もとても綺麗で、只者ではないブランドだと確信しました。

そこから色々とネットで調べながら、今回こちらのスウェットを購入しました。

f:id:ideaday:20180408003527j:image

実店舗での取り扱いが極端に少ないため、こちらはCOLINA公式ページの着画を見て、試着なしでLサイズを購入。シルエットが不安でしたが、かなり良い感じです。ウールでありながら、とろみ感、しなやかさがあるので、驚くほど綺麗に落ちてくれます。ビンテージスウェットを参考にしたシルエットらしく、ラグランで身幅太め、着丈短めというかなり野暮ったい形なのですが、この生地のお陰でストンと落ちてとても綺麗なドレープがでます。

色も深いオリーブで落ち着いた印象です。

生地にとことん拘ったブランド、気になった方はぜひCOLINA調べてみてください。

 

最後にisarのcote &ciel×Y’sのコラボバージョンのリュック。

こちらは、エコヤーンというシワ感のあるナイロン素材を使ったタイプで、所々に革を使い、Y’sらしい雰囲気を感じます。僕の好きなシワ感やドレープのアイテムとの相性は抜群です。かつ、スポーティな雰囲気もあるので、幅広く色々な服装にも合わせやすいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

好きな服を深く考えてみる

f:id:ideaday:20180401215248j:image

自分が好きな服の系統ってどういうものなのか、今まで好きだと思って買ってきた服たちはどういうものだったか、感覚的だった服の好みについて、頭の整理も兼ねてこの度まとめてみたいと思います。

 

まず僕が好きな服たちの共通点を挙げていきたいと思います。

 

まずは、シンプル、機能的デザインであること。

英字のプリント物や1つのアイテムに沢山の色が使われているものなどは基本的に持っていません。ほとんどが単色のもので、デザインも無駄な装飾が含まれたようなものは持っていません。機能的に意味のなさないデザインはあまり服として粋ではないと思っています。機能としてのデザインだったり、機能的なシルエットは服としての美しさを感じさせてくれます。

 

もう1つは、素材感、色味が良いもの。

これは、基本的に天然素材のものが好きですが、最近の高機能の化学繊維のもので、安っぽい感じでないものは好きです。アークテリクスVEILANCEやリラクスなんかは化繊でも非常に雰囲気のある素材を作っています。

様々な素材の中でも特に好きな素材が麻です。麻特有のシワ感、経年で見せるクタッとした退廃的な雰囲気にはすごく惹かれます。また、麻って古代から使われている素材で、そういう歴史的な重みを感じるところも好きですね。

また、素材の良いものは良い発色を生むと思ってます。

f:id:ideaday:20180401215810j:image

最近それを感じたのが、上の画像のAURALEEのフィンクスコットンのステンカラーコートです。素材に定評のあるブランドですね。シルクとコットンの混紡素材で、光に当てると玉虫色の鈍い光沢を放ち、角度によって見える色味が変わります。良い素材というのが一目で分かる色味です。シルエットなどはあまり好きではありませんでしたが、素材だけでも惹かれて購入したくなりました。是非みなさんも実物を一度見てみてください。

 

最後に、「少しかっこつけた感」があること。

これは少し表現が難しいのですが、少年心をくすぐるようなデザイン性を感じること。例えると、ドラゴンクエストファイナルファンタジーとか、スターウォーズとか、そういうのに出てきそうな服のデザイン。巷では、アルチザン系と呼ばれるブランドのデザインによく見られる要素です。

エッジの効いたディテール、複雑なシームライン、切りっぱなしの裾、クラッタレザー、シワ加工、ハンドメイド、毒々しい色、ストイックなサイジングなど。

退廃的な暗いイメージがシンプルやキレイ目という言葉と対極にあるようなところですが、そういう要素って男としての強さ、荒さ、色気、繊細さというのを表現してる気がします。恐らくこの要素は女性には理解されづらい、女子ウケの悪い要素です。しかし、この要素こそ男にしか出せない渋さや、深みという、スパイスとしての役割を持っていると思います。

 

このように自分の好みを文章にまとめていくと自分の「好き」な服が見えてきます。

先ず、ぱっと見はシンプルなベーシックな形。無駄な装飾や複雑な色の組み合わせもない。しかし、上質な素材感や絶妙な色味をしている。そして、スパイスとして男らしさを表すようなデザイン要素が含まれているもの。

「男らしいスパイスを加えたシンプルな服」と表現すれば良いでしょうか。「シンプル」をベースに上質な生地、アルチザン的な男らしい荒く退廃的な要素を少し加えた服。これが僕の好きな服を表す言葉だと思います。

ユニクロとアルチザン系の中間的な感じとでも言いますか。ユニクロは普段着過ぎてつまらない、アルチザン系は尖り過ぎて日常では使いづらい、その良いとこ取りの服。

まあ、アルチザンとかユニクロとかそういうカテゴリ分けする必要もなく、着ていて最高に気分がいい服カッコいい服は、必ず機能的であり、使いやすいく、そして美しい。

そう信じているので、あまり系統に拘らず、値段の高い安いに囚われず、良いものは良いと自分の感性と着たときの感覚を信じてこれから服選びをしていきたいです。

 

 

 

 

 

最近のビッグシルエットに違和感

最近、流行りのビッグシルエットや緩さ、リラックス感を出すスタイルに対してちょっと違和感を感じているということを話したいと思います。

僕が違和感を感じるスタイルというのは、ドロップショルダーのビッグシルエットのロングコートに、ドカンとしたワイドパンツのアンクル丈又はロールアップ、靴はVANSやコンバース等のローカットスニーカー、白ソックス、キャップを被り、そして丸メガネに髭を生やしているようなイメージです。

街でいうと代官山に居そうな人たちのイメージですね。

30歳過ぎくらいのトレンドに敏感な人たちに多いスタイルだと思います。

カッコをつけない大人の余裕な雰囲気を出しつつ、少し個性的なアイテムで小洒落た自分をアピールしようとしている感じですかね。この年代は体系が崩れてくるため、緩いシルエットにはそれを隠せる効果があると思います。

しかし、何かこう、男としての美しさが無いような気がしています。

ビックシルエットは今流行りのブランドで言えば、COMOLIやAURALEE 、YAECAなどが当てはまりますが、

ただビックなシルエットだったり極端に肩を落としたスタイルだったり、

ちょっと緩さ加減が行き過ぎているような気がします。

僕のお気に入りブランドのMARKAWAREもちょっと前はより男らしいアメカジテイストやワークがミックスされていてバランスが良かったのですが、

最近はミニマルな緩めシルエットに傾倒し過ぎている気がしています。

シルエットに緩さを出す本来の目的は、少し余裕あるリラックス感や気取らないスタイルを構築するためだと思っています。

しかし、最近の行き過ぎた緩めシルエットは、気取らない自分を恣意的にアピールしている感じが出ていて、逆にカッコつけているように見えますし、無理して余裕がある風にしている感じが透けて見えて、何かカッコ悪いなぁと思ってしまいます。

そして、そのスタイリングにちょび髭や丸メガネを合わせる感じも、何だか無理してインテリぶってる感じがしてダサい気がします。

カッコつけない肩の力を抜いたスタイルを目指すのに、それが行き過ぎて逆にカッコつけている。

キメキメで、あからさまにカッコつけているスタイルの方が、まだ潔くて良いと思います。

時代の流れでそういうアイテムが流行ってはいるけれど、緩い中にも男性の体をより良く見せるシルエットを取り入れてほしいです。

行き過ぎたドロップショルダーは丸みが出過ぎて女性っぽくなりすぎるし、ウエストも少しはシェイプしていた方が、上半身の逆三角が出来て男らしく見えます。

ビックシルエットの波に乗っかることが目的になって、自分がよく見えるシルエットやより自分らしさを出せるスタイルを見失っている人が多いと思います。

最近思うようになったことは、しっかり自分の意思を持って、信念を持ってキメキメのスタイルをする人、例えばホストの方々や昔っぽいタイトなスタイルをばっちり決めている人等は、すごくカッコいい。

それは時代とか他人の目とか古いとか女子ウケが悪いとか関係なく自分のスタイルを確立して貫いているから自分に正直でカッコいい。

いつの時代も流行りはありますが、それに左右されない男としての理想のシルエット、美はあると思いますし、

流行りを多少取り入れたとしても、その中にも普遍的な要素を入れることが重要だと思います。

例えば、ビックシルエットのコートを選ぶときに、肩だけはジャストのもの、ウエストが少しシェイプしているものを選ぶとか、

流行りに偏り過ぎず、普遍的な細部の要素を自分で見定めてアイテムを選ぶ。

そのような感性は、自分の中に時代によっても流行りによっても左右されないいつも同じ普遍的理想の自分像(イデア)がなければ出来ないと思います。

それがまさに自分だけの個性になり、理想の自分に近づく道しるべになります。

 

今日のスタイル

f:id:ideaday:20180325174627j:image

アウター :ボンバージャケット(Acne Studios)

インナー :リリアーン畦クルーネックコットンニット(KAZUYUKI KUMAGAI)

パンツ :TOWN STR RAW(Acne Studios)

スニーカー :スタンスミスリーコン(adidas)

カバン :トートバッグ(L.L Bean)

 

全身ブルー系で統一し、靴とカバンは白で合わせて、なるべく色味を少なくコーディネートしました。

色を少なくすることは、全身に統一感が出やすく、またラフなスタイルでもフォーマル感を上げてくれるメリットがあります。

今日は何でもない普通のコーディネートですが、オーソドックスな各々のアイテムに拘りを持っています。

何気ないところですが、スタンスミスの紐は革紐にしていたりします。

また、ジーンズのTOWN STR RAWは強めのテーパードとクロップド丈がジーンズでありながらフォーマルなシルエットを作ってくれます。購入時はノンウォッシュの綺麗な雰囲気でしたが、定期的に洗っていい具合に風合いと色落ちが出て、ラフさカジュアルさがプラスされバランスが良くなってきました。個人的には股辺りのヒゲが個性的でありながらも自然な感じになってきており、とても気に入っています。

 

普通のスタイルでも人と何か違う洗練された美を感じさせる人や、拘りを持っていたりする人は素敵だと思います。

 

 

即決購入トートバッグ。無印良品「POOL」ためてつなげるものづくり

普段ファッション関連商品を無印良品で買うことはしないのですが、一目で惹きつけられる程の良いトートバックがあったので購入しました。

f:id:ideaday:20180323115651j:image

雰囲気かなり良くないでしょうか?

僕は買い物するときはネットなりで必ず下調べした上で買うことが多いのですが、ふと目に留まり即決するほどグッときましたね。しかも、値段は2808円です。

コットン100%の生地を製品染め(縫製等終わった後に染め上げる)しています。色は8色もの展開があり、その中でも惹きつけられた発色の良い黄色にしました。ナチュラルな風合いに派手すぎないくすんだ黄色で、男性でも抵抗なく使えます。春先に良いアクセントカラーになってくれそうです。

また生地も安っぽい薄いものではなく、程よい厚みと硬さがあるので、たくさん洗っても頑丈そうですし、更に風合いよく、より色も濁って味が出てきそうです。

 

f:id:ideaday:20180323120938j:image

内ポケットにシンプルなロゴのみのデザイン。

 

f:id:ideaday:20180323121012j:image

大きさもちょうど良い感じです。

 

無印良品にて販売していた「POOL」という再生をテーマにした取り組みの一環としてのブランドです。

こちらは無印良品で生産するファブリックを無駄なく使い切るために生まれたものだそうです。

 

【以下ホームページより抜粋】

「POOL」は大量に生産される素材を無駄なく使い、ものづくりの過程で発生するハギレや端材、販売できなくなった商品をためておき、さまざまな企業・クリエーターとつながりながら、新たな価値のある商品に再生させる取り組みです。

f:id:ideaday:20180323144110j:image

f:id:ideaday:20180323144305j:image

f:id:ideaday:20180323144113j:image

服については女性ものメインの展開となりますが、素材感を活かした風合いと緩めのシルエットが基本なので、コートなどは男性でも使えそうです。

一番下のネイビーっぽいグレーとベージュピンクのレイヤードスタイルはかなり好みですね。

シーズンテーマは、自由なレイヤードということらしいです。コートにコートを合わせたり、単色だけを重ねたり、既成概念に囚われないスタイリングです。どのコーディネートもすごくクオリティが高いです。

うーん、かなり雰囲気があっていいのではないでしょうか。

 

f:id:ideaday:20180323205507p:image

アイテム点数自体はそれほど多くありませんが、ほとんどのアイテムで多色展開しているため、かなり色でも楽しめそうですね。

コートは実物見て良ければ買ってみたいですね。

 

最後に、このトートバッグを使ってコーディネートしてみました。

f:id:ideaday:20180323145226p:image
アウターはアークテリクスVEILANCE 、インナーはアタッチメントのウールのセーター、パンツはMARKAWARE のペグトップ、靴はGUIDI、ストールはヨウジヤマモトです。
GUIDIやVEILANCE とも雰囲気がマッチしますね。

 

良い生地は良い発色を生むと聞きますが、生地の風合いと発色の良さはかなり高いレベルだと思います。

これから注目のブランドです。

 

今日のスタイル

f:id:ideaday:20180318162133p:image

アウター :ボンバージャケット(Acne studios)

トップス :シワ加工リネンシャツ(KAZUYUKI KUMAGAI)

ボトムス :壁撚ライトオックスパンツ(ATTACHMENT)

スニーカースタンスミスリーコン(adidas)

ベルト :バーファローレザーベルト(GUIDI)

カバン :ボートアンドトートバック(L.L.Bean×BEAMS)

 

トップスとパンツの素材感(シワ感)を合わせて、いい感じに春を意識した組み合わせができました。このパンツは壁撚といって表面に凸凹を作る織り方をしていて、かなり肌触りよく、見た目も軽いので春にぴったりです。

シワ感のある組み合わせでラフな雰囲気を出しつつ、綺麗な艶のあるAcneのボンバージャケットで締めてバランスを取りました。

トートバックはBEAMS限定のオールホワイトのL.L.Beanです。ガサっとした荒く硬いキャンパス生地にオールホワイトの洗練されたクリーンな雰囲気が非常にマッチしています。この色はラフな服装にも綺麗な服装にもマッチするオールラウンドな使いやすさ。

そして、L.L.Beanのトートはしっかり「自立する」ので、お店でカバンを足元に置いたり、電車での荷台にも置きやすい。こんなにしっかり立ってくれるトートバッグって意外とないんですよね。トートバッグは置き場に困ることが多いので自立機能はかなり生活で役立ちます。

乱雑に扱っても丈夫ですし、とにかく使いやすいのがL.L.Beanの良さです。

トートバックの元祖でもありますし、おすすめです。